オルリファスト

ダイエットに効果的、ジェネリック医薬品のオルリファスト

ダイエットという概念はいつ頃から生まれたのでしょう。

 

 

元来、ダイエットを必要とするのは貴族だけでした。

 

 

一般的な庶民は食べ物を食べるのにも困っていました。

 

 

ですので、痩せようと考える発想自体が庶民には余りなかったと思われます。

 

 

ダイエットはそもそも貴族の生活習慣を改善する治療法だったのです。

 

 

現代では栄養価の高い食事を誰でも食べることが出来ます。

 

 

その上、生活は自動車や交通機関の発達で便利で楽になりました。

 

 

すると、昔の貴族のように肥満が増えてダイエットが必要な方が急激に増加してきました。

 

 

ファーストフード等、手軽に食べられる栄養価の高い食べ物が増える中、体重増加を抑えるために様々なダイエット法が考案されてきたことは周知のとおりです。

 

 

急激な運動や食事制限は直接的なダイエット法です。

 

 

しかし、これらは精神的、肉体的に苦痛を伴うもので、長続きしにくいものです。

 

 

近年は好きなものを食べながら、吸収される栄養素を制限する事で大きな努力を要することなく取り組めるダイエット法が開発されています。

 

 

さて、今までと同じ様に好きな食べ物を食べて、吸収する栄養をコントロールするには薬品の力が必要となります。

 

オルリファスト脂肪吸収を抑えるゼニカルよりも断然安いジェネリック医薬品

ダイエット薬品で人気を集めているのがオルリファストというゼニカルのジェネリック医薬品です。

 

 

オルリファストはLloyd Laboratories Inc.という製薬会社から発売されている医薬品で、食事で摂取される脂肪分を体内に吸収せずにそのまま体外へ排出する効果があります。

 

 

 

通常、脂肪分は“リパーゼ”という消化酵素の働きで分解されることにより、腸に吸収されやすくなります。

 

 

オルリファストを服用すると、主成分であるOrlistat(オルリスタット)がリパーゼの働きを抑える事により、摂取した食事から30%の脂分を吸収せずに排便により排出します。

 

 

脂分を吸収しないことにより、ダイエット効果だけでなく高血圧症や糖尿病の予防効果も期待できます。

 

 

また、薬品ということで副作用を心配される方も多いと思われますが、便意を頻繁に感じるといった程度のものです。

 

 

体内の酵素に作用して栄養の吸収を抑えるものなので、人体に害のある心配はありません。

 

 

オルリファストを使用されている方のレビューには、「便の中の油が目に見えるようになるので、脂分を抑えた食事を摂るようになった。
」といった声があり、副次的なダイエット効果に繋がっているようです。

 

 

苦痛を伴うダイエットは長く続けることが難しく、ストレスに繋がることもあります。

 

 

オルリファストは続けやすく健康的なダイエットに役立つ医薬品と言えるでしょう。

 

ダイエットをサポートしてくれるオルリファストの効果

綺麗に痩せるためには多くの努力が行われていますが、努力を続けていてもなかなか痩せられない、リバウンドを繰り返しているという方もまた少なくありません。

 

 

太ってしまう原因は様々ありますが、やはり一番は食事の影響が考えられます。

 

 

食事はかつてのあっさりとしたヘルシーな日本食が登場することは少なくなっており、今は、より肉などの脂質を多く利用した食品が食卓に上がることも増えていますし、脂肪分の多いアイスクリームやケーキなどのお菓子もいつでも自由に楽しめる時代です。

 

 

それゆえにカロリーオーバー、脂肪の摂りすぎになってしまっている方は多くなっていますが、こうした食事を我慢するのは厳しいと感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そこで注目したいのが、ダイエットをサポートしてくれる肥満治療薬やサプリメントです。

 

 

オルリファストも人気の肥満治療薬で、これはゼニカルのジェネリック的な存在となっています。

 

 

ゼニカルは食事の脂肪分をカットし、体外に排出してくれる薬となっていますが、オルリファストにも同様の効果が期待でき、30%の脂肪をカットし、便とともに排出してくれるとされています。

 

オルリファストの副作用・注意点

脂肪を分解する消化酵素リパーゼの働きを阻害し、食べ物に含まれる脂肪が吸収されずに体外に排出しやすくなっているのだそうです。

 

 

それゆえに脂っこい食事がやめられない方、食事制限や運動などの努力が苦手という方にもより無理なく効果的なダイエットができると注目されている薬となっています。

 

 

オルリファストはゼニカルのジェネリックということで、ゼニカルよりもさらに低価格で購入できることでも人気です。

 

 

脂肪の吸収を抑えてくれる薬ですので、もともと脂肪分の少ない食事を摂ったときなどは服用の効果はないとされています。

 

 

それから、もともと体内にある脂肪を落としてくれる薬というのではありませんので、その点もよく理解しておきましょう。

 

 

そして脂肪分を吸収しない代わりに、脂溶性のビタミンなども吸収されにくくなりますので、栄養不足に陥らないよう、ビタミン剤などで補っていくことも考えておきたいものです。

 

 

重大な副作用はないとされていますが、人によっては便意を感じやすくなるとのことですので、こちらも気をつけたいですし、脂漏れが起きることもあるので、下着を汚さないよう、生理用ナプキンなどで対応する必要があるかもしれません。

 

 

購入方法に関しては、日本で認可されていない薬ですので、個人輸入という形で入手することが多くなっています。

 

脂肪の吸収を妨げるオルリファスト

オルリファストはゼニカルのジェネリック医薬品です。

 

 

その効果はリパーゼの働きを阻害するものです。

 

 

リパーゼというと消化酵素に一種であり、主に食べ物に含まれている脂肪を脂肪酸に分解して小腸で吸収できるようにします。

 

 

そのリパーゼの働きを阻害するということは、つまり食べ物に含まれている脂肪を吸収させないようにする効果を得られるのです。

 

 

端的にいえば、ダイエットのための医薬品となっています。

 

 

そのため、糖尿病や高血圧症などの予防や改善の治療にも使われることが多いです。

 

 

今までと同じ量を食べてもダイエット効果があるということで、実際に多くの人々がこの医薬品を利用しています。

 

 

精神的にも肉体的にも負担が小さいため、減量をしている人にとっては夢のようなものです。

 

 

さらにジェネリック医薬品ということで、費用も安いためコストパフォーマンスにも優れているという側面も見せています。

 

 

気になる副作用ですが、その危険性は弱いです。

 

 

というのも、胃腸のなかは厳密にいうと体外です。

 

 

その体外に分泌される消化酵素に作用するため、このオルリファストは体内に吸収される必要もなく、吸収されません。

 

 

つまり、体の外で作用しているのです。

 

サプリメントと併用すると栄養不足に陥らなくなります。

大きな副作用というと脂肪が吸収されないため、その分がそのまま排泄物となるため便意やオナラの回数が増えることぐらいです。

 

 

あとはアレルギー症状がなければ副作用としての心配はありません。

 

 

ただし、副作用ではありませんが注意しておくべきポイントがあります。

 

 

それは脂溶性の栄養素(ビタミンA・Eなど)が体内に吸収されにくいことです。

 

 

脂溶性栄養素は脂肪酸に溶けた状態で吸収されるため、オルリファストによって脂肪酸が少ないのです。

 

 

そのため特定の栄養不足に陥る可能性が非常に高いのです。

 

 

ただし、そのリスクを補うことはできます。

 

 

その使用方法は1日3回、1カプセルを服用です。

 

 

基本的には食事中か食後に服用した方が効果的だといわれています。

 

 

つまり服用して数時間経ったときは効果が弱まっているのです。

 

 

その時間に合わせて、脂溶性栄養素をサプリメントで補充すると吸収を阻害されることなく体内に取り込むことができます。

 

 

そうすることで、栄養不足になる危険性を回避することができるため、サプリメントの併用が理想的とされています。

 

 

使い方次第で、より効果的によりリスクのなく、そして、経済的にダイエットをすることができるのが、このオルリファストとなります。